レビュー

【コトダマン】頭の体操になる脳トレ系パズルアプリ【ゲームレビュー・感想】

こんにちは!KON(@pippi_kon)です。

この記事では、ゲームアプリ「コトダマン」を実際にプレイした感想をご紹介します。

コトダマンとは

2018年4月16日にSEGAより配信が開始された「共闘ことばRPG コトダマン」。

その名の通り「ことば」を用いて敵と闘う新感覚ゲームです。

名前にRPGと付いていますが、実際は文字の穴埋めを行うパズルゲーム。

敵と闘って、ステージを進めて、モンスターを育成するという、まぁよくあるタイプのアプリですが、一つ決定的に他と違うことがあるんです。

それは新感覚の「戦闘システム」です。

【新作】コトダマン ‐ 共闘ことばRPG
【新作】コトダマン ‐ 共闘ことばRPG
開発元:SEGA CORPORATION
無料
posted withアプリーチ

 

戦闘システムが面白い

他のRPGによくある戦闘システム

RPGによくありがちな戦闘システムと言えば「戦闘コマンド入力」ですよね。

代表的なタイトルとしてはドラクエやFFなんかがそうです。

自分のターンに使用する魔法やスキルを選択し、相手を攻撃するといったものです。

しかし、今回ご紹介する「共闘ことばRPG コトダマン」は違います。

 

コトダマンの戦闘システム

コトダマンは「空いてるマスに文字を埋めて作った言葉で相手を攻撃する」という戦闘システムです。


戦闘開始時に、文字が書かれたマス何も書かれてないマスが出題されます。

そして、自分のモンスターにはそれぞれ1文字ずつ文字が割り当てられています

このモンスターの文字を、何も書かれていない空いてるマスにドラッグ&ドロップして言葉を作り出し、作った言葉の数や長さに応じて相手にダメージを与えるというものです。

KON
KON
むむむ、どゆこと?

 

例えば、上の画像はこのようになってます。

出題マス:○に○る○○

自モンスター:く・は・つ・ゆ

この出題マスの○の部分に、自モンスターの「く・は・つ・ゆ」をドラッグ&ドロップするんです。

まず「く」を一番左の○にドラッグ&ドロップします。

すると「くに○る○○」となりますよね。

ここで注目して欲しいのが文字列先頭の「くに」の部分。

くに」=「」という言葉ですよね。これで1つ言葉が完成しました!

KON
KON
なるほど!虫食い文字とか穴埋め文字に似た感覚だね!

 

同様に他の○にも文字をドラッグ&ドロップします。

例では「くにはるつゆ」となりました。

この文字列の中には「くに(国)」「はる(春)」「つゆ(梅雨)」という3つの言葉が作られています。

こうやって言葉を作ることで敵を攻撃できるんです!

KON
KON
これは新感覚!まるでパズルゲーム!

 

作った言葉の数によってコンボ数が増え、相手に与えるダメージ量が増加します。

また、作った言葉の長さによっては自モンスターの必殺技が発動することもあります。

できるだけ多くの言葉・長い言葉を作ることが戦闘を有利に進められるコツです。

 

ちなみに、上の例では「くに+はる+つゆ」とそれぞれ独立した言葉になってますが、同じ文字を複数使って言葉を作ることも可能

例えば「こしょう」という並び。

この中には「こし(腰)」「こしょ(古書)」「こしょう(故障)」「しょう(賞)」という4つの言葉が隠れてます。

KON
KON
おぉう…これは頭の体操になりそうだ

 

そう!これはもうゲームというより脳トレに近いんじゃないかと思っています。

ひとりプレイなら時間制限はなくじっくり考えることができます。(マルチプレイだと制限時間があります)

あらゆる文字の組み合わせを考えて言葉を作り出すのが楽しいゲームです。

 


可愛いキャラクターが多数!

コトダマンの戦闘システムはこのアプリの魅力の一つですが、魅力的なのはそれだけではありません。

コトダマンには数々の可愛いキャラクターが多数登場します。


コトダマンのキャラクターは基本的に2頭身デザインのようです。

(ビックリマンに似てる?気のせいですw)

このキャラクター達、実は動くんです!そしてなんとしゃべるんです!

杉田智和さんや内田真礼さんなど、有名声優さん達が多数登場します!

 

ちょっとプレイしてどハマり

私、プレイを始めたのは配信から約1ヶ月後なんです。

2018年4月16日に配信されるということは知っていたのですが、なぜかやる気になれなくて。。。

コトダマンがというか、ゲーム自体へのモチベーションが下がっていたんだと思います。

KON
KON
ゲームに飽きてたのかなぁ?

 

そんなコトダマンに無関心な私だったんですが、知人に誘われて始めてみました。

正直あまり乗り気じゃなかったんですけど…始めてみて驚きました。

 

まさかこんなにハマるとは!

 

自宅・外出先問わず、暇さえあればコトダマンを起動。

スマホの充電切れに怯える毎日。

スマホを持ったまま寝落ちは当たり前。

 

どハマりした理由はハッキリしてます。

やはりこの「戦闘システム」です。

もしかしたらゲームとしてではなく頭の体操として楽しんでいるのかもしれませんw

 


コトダマンの不満ポイント

さすがのコトダマンと言えども、すべて完璧という訳ではありません。

プレイする人はたくさんいるので、全ての人に満足してもらえるのは難しいですよね。

私の不満ポイントをご紹介します。

 

戦闘テンポが悪い

戦闘は以下の流れで行われます。

戦闘の流れ

①敵モンスター出現

②敵モンスターのギミック発動

③文字をドラッグ&ドロップ

④戦闘演出

この中で特に不満なのが①と②です。

 

<①について>

出現するモンスターは1匹の時もあれば複数の時もあります。

1匹の時はいいのですが、問題は複数の時。

出現モンスターのグラフィックが1匹ずつ順番に表示されるのです。

これをメリットと捉える方もいらっしゃるかもしれませんが、私には非常にテンポが悪く感じられます。(同時に表示してほしい…)

 

<②について>

モンスターのグラフィックが表示された後にギミック(3コンボ以上じゃないとダメージを与えられないなど)を持つモンスターがいた場合、そのギミックが発動されます。

これが非常にテンポが悪い。

ギミック名の吹き出し(1匹ずつ順番)→ギミックの説明→ギミックの演出

数秒待たされてしまいます…もっとサクサクできないのかなぁ?

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、ゲームアプリ「コトダマン」の実際にプレイしてみた感想をご紹介しました。

コトダマンは良ゲーかクソゲーか。

私は総合的にて良ゲーに認定します!

ま、これだけどハマりしてるんですから当然ですよねw

 

コトダマンの最大の特徴は「空いてるマスに文字を埋めて作った言葉で相手を攻撃する」という戦闘システムです。

脳トレ感覚でプレイできる新感覚RPGコトダマン!

ぜひプレイしてみてはいかがでしょうか!

【新作】コトダマン ‐ 共闘ことばRPG
【新作】コトダマン ‐ 共闘ことばRPG
開発元:SEGA CORPORATION
無料
posted withアプリーチ