Swift

Swift入門者必見!一週間でアプリ公開までできた私の勉強方法

こんにちは!KON(@pippi_kon)です。

私がSwiftの勉強を始めたのは、2017年のゴールデンウィーク前(2017年4月28日)です。

ガッツリ勉強したわけではなく、毎日だいたい1時間くらいプログラムをいじる程度。

そんな私でも、一週間後にはiPhoneアプリを作ってAppStoreに公開できたんです

そこで今回は、私が実践したSwiftの勉強方法についてご紹介します。

この記事をおすすめしたい人
  • Swift初心者の方
  • ある程度プログラムを理解できる方(他の言語経験者)

書籍よりネット情報

私は入門書や参考書などの書籍は購入はせずに、すべてネットの情報を参考に勉強しました。

理由はいたってシンプル!

本に書いてあることはネットにも書いてあるはず!

と思ったから。

実際、ネット情報だけでアプリを公開できるまでになったのですから、あながち間違いじゃないはず。

KON
KON
MacBookが高かったのでなるべくコストを抑えたかったんです…

 

また、書籍は執筆されてから書店に並ぶまでにかなりの日数がかかります。が、ネット情報だとほぼリアルタイムで情報更新されるので、最新の情報がすぐ入手できます。

 

ただし、気を付けないといけないのが、ネットの情報を鵜呑みにしてはいけないことです。

ネットにはだれでも簡単に情報が公開できてしまうため、情報が古かったり誤った情報が掲載されていることがあります。

特にSwiftはバージョンアップによって互換性がなくなることがあります。

そのような情報を鵜呑みにしてしまい、「これは正解のはず!」と思い込んでしまうと、何かトラブルが発生したときに前に進まなくなってしまいます。

ネットの情報は常に「これであってるのかな?」と思うことが大切です。

 

入門サイトに頼らない

まずは入門サイトで勉強しようと思い、「Swift 入門」などでネット検索をしましたが、当時はあまりわかりやすいサイトには出会えませんでした。(今はどうかな?)

どこも同じようなことがすごく簡潔に書かれていて、わかる人が見たらまとまっててわかりやすいのかもしれませんが、初心者にとってはわかりにくいものでした。

そこで、やりたいこと(作りたいもの)を決めて、それを実現するためにあれこれ調べながら知識を習得していくスタイルに変更してみました。

KON
KON
見て覚えるより実際に手を動かした方が早いかな?と思って。

 


まずはカレンダーを作ってみた

プログラミングの入門と言えば、真っ先に思いつくのが「電卓」。

でも電卓なんてありきたりだし、他のプログラミング言語を勉強したときに作ったこともあるし、あまり簡単なことをしてもなぁ…

と思った私がSwift入門に選んだのが「カレンダー」。

以下のサイトを参考にしました。

【Swift】Calendarアプリを作る

このサイトを最初に眺めたとき、全体のプログラムが記載されていたのでわかりやすいと思いました。

やっぱり初心者はコピペして動かせるもののほうが理解しやすいですよね。

サイトに掲載されていたサンプルプログラムを実際にXcode8に打ち込んで動かしてみました。

…が、ここで大きな壁にぶつかりました。

このサイトの情報が少し古く、サンプルプログラムがSwift2で書かれていたのです。

2017年5月現在、Swift3が主流となっています。(※2018年5月現在はSwift4が主流)

Swift2のサンプルプログラムをXcode8でそのまま動かすことができませんでした。

さっそくネット情報の使うときに注意しなくてはいけない「情報が古い」にぶち当たりました。

 

ひたすらネットで調査

サンプルプログラムを動かすためにひたすらネットで情報集め。

Swift2のサンプルプログラムはSwift3ではそのまま動きませんでしたが、アルゴリズムといいますか、考え方は問題ないはずと思いました。

また、発生しているエラーはSwift2→Swift3の互換性に関するものだと考え、エラーさえ何とかすれば動くと考えました。

発生したエラーを一つずつネットで調べて解決、調べて解決を繰り返す。

その過程で、同じようにカレンダーを勉強されていた方が居たらしく、以下のような記事も見つけました。

もちろん参考にさせていただきました。

Swift3 初心者ですがカレンダーを作る (1)

Swift3でのカレンダー実装について

Swift3 スワイプで切替えるカレンダーでCollectionViewCellの選択をうまく解除できない

Swift3.0でシンプルカレンダーを実装

 


カレンダー完成

エラー解決に時間がかかりましたが、なんとかカレンダーを作ることができました。

このカレンダー作成の過程で、カレンダーだけでなく、他にも様々な知識を習得できました。

(変数の型、Swift2とSwift3の違い、エラーの意味等)

 

気になった書籍

Swiftの勉強のための書籍は購入していないのですが、入門方法を色々探しているときに気になった書籍がありました。

少し知識が付いてきた今でもちょっと興味あります。いつか買ってみようかなぁ。

 


講習を受けてみてもいいかも?

ネット情報や書籍情報だと、書いてあることを自分なりに読み砕いて理解していかなければなりません。

疑問に思ったことがあっても、自分の期待する答えが100%書かれているとも限りません。

講習を受ければ、講師の方がわかりやすく説明してくださりますし、疑問に思ったことがあればその場で質問することができます。

未来のキャリアをつくる3ヶ月間のプログラミングスクール

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、私が実践したSwiftの勉強方法についてご紹介しました。

今の時代、ネットにはたくさんの情報がありますので、入門程度であれば参考書は購入しなくても大丈夫でした。

どなたかのご参考になれば幸いです。

あわせて読みたい
【Swift4】初心者におすすめ!質問サイトteratailが便利すぎる件 プログラミング言語「Swift」は、2014年に誕生した比較的新しいプログラミング言語です。 そのため、他のプログラミング...