Swift

Guideline 4.1でリジェクトされた時の対処方法(アイコン変更)

こんにちは!KON(@pippi_kon)です。

先日、私が作成したiPhoneアプリがAppStore審査でリジェクト(Guideline 4.1)されてしまいました。

そこで今回は、iPhoneアプリの審査が「Guideline 4.1 – Design – Copycats」でリジェクトされた時の原因と対処方法についてご紹介します。

Guideline 4.1の原因

「Guideline 4.1 – Design – Copycats」の原因には様々なものがあるようです。

今回私がリジェクトされた原因は、アプリのアイコンにオリジナル要素が少ないためとのことでした。

具体的には

ポケモン」の模倣じゃね?模倣許可とってるのなら資料して証明しろや!

とのこと。

わざわざアイコンの画像まで添付されていました。

 

リジェクトされたのは「努力値カウンター for ウルトラサンムーン」というアプリ。

指摘の通りポケモンに関するゲーム支援ツールの位置づけのアプリです。

当時のアイコンがこちら。


ポケモン(モンスターボール)を意識したのは確かです。

しかしこれ、初回リリース時には問題なく通ったんですよね〜。

今回アプリデザインを変更してリリースしようとしたのですが、変更を加えていないアイコンでまさかリジェクトを食らうとは。

 

対処方法

模倣許可なんて取っているはずがありません。

「なぜ初回リリースは大丈夫だったのに今更???」

と納得いかない部分もありましたが、ごねてリリースが遅くなるのも面倒です。

特にこれじゃないといけないという理由もなかったので、素直にアイコンを変更しました。


今度は完全オリジナルポケモン要素は排除した!

これで文句は言わせねーよ!

再度審査に出したら一発OKでした!

 


まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、iPhoneアプリの審査が「Guideline 4.1 – Design – Copycats」でリジェクトされた時の対処方法についてご紹介しました。

Guideline 4.1は様々な原因があるようですので、一度iTunes Connectのアプリ画面を確認してみましょう。

今回の私のパターンはアイコン画像の模倣でした。

調べたところによると、他にもアプリデザインそのものが模倣と言われるパターンもあるようです。

 

似たようなアプリを作るとすぐバレてしまうんですね。(アイコンも)

無駄なリジェクトをくらわないためにも、他の商品やアプリを連想させるようなデザイン設計はやめたほうが良さそうです。