Swift

【Swift】初心者におすすめ!質問サイトteratailが便利すぎる件

こんにちは!KON(@pippi_kon)です。

プログラミング言語「Swift」は、2014年に誕生した比較的新しいプログラミング言語です。(2018年5月現在のバージョンはSwift4)

そのため、他のプログラミング言語と比べるとノウハウやテクニックなどの情報がネット上に少ないのが現状です。

  • GoogleやYahooで検索しても知りたいことがあまりヒットしない
  • 検索でヒットしても英語サイトばかりで読めない。
  • 古いSwiftバージョンの情報で役に立たない。
  • どの入門サイトを見たらいいかわからない。

こんな経験ありませんか?(私はあります)

 

既存のネット情報だけだと、自分のやりたいことの実現や、エラー・バグなどの問題解決に時間がかかることがあります。

そんな時にオススメなのがteratail(テラテイル)という質問投稿サイトなんです!

そこで今回は、Swiftでアプリ開発するときに役立つ便利なエンジニアのためのQ&Aサイト【teratail】についてご紹介します!

この記事をおすすめしたい人
  • Swift初心者の方
  • 主にネット情報で調べ物をする方
  • エラーやバグの解決方法に困っている方

teratailとは


teratailはプログラミングに関する問題解決をサポートしてくれるエンジニア特化型Q&Aサイトです。

Q&Aといえば「Yahoo知恵袋」や「教えてgoo」などがメジャーですが、teratailはそれらのプログラミング特化バージョンです。

プログラミングのバグが解決できないときや、やりたいことがあるのに実現方法がわからないときなどに、プログラムのソースコードを貼り付けて質問することができます。

出典:teratail公式ブログ

上記は2016年の情報ですが、年々ユーザー数は右肩上りで、2016年6月時点で総質問数は約4万件!(2017年11月には総質問数が10万件を突破!)

そしてなんと「12時間以内回答率」が驚異の84.9%!

わからないことがあったらすぐ助けてくれるってことです。

これはもうプログラミングが捗ること間違いなし!

 

また、プログラミング言語以外でも様々なITエンジニア向けのカテゴリ(タグ)が揃っています。

Swift以外でも役に立つ時がくるかもしれませんのでおすすめです!

例:iOS、Linux、SQL、Excel、Xcode、WordPressなどなど。
(2018年5月22日現在 全1338種類)

teratailの登録はこちらからどうぞ!

エンジニアのためのQ&Aサイト【teratail】

 

 

teratailのメリット

エンジニアに特化したQ&A

teratailを活用する人は、質問者も回答者もITエンジニアです。

そのため、Yahoo知恵袋や教えてgooなどでは「どうせ答えてくれないよなぁ」っていうようなコアでマニアックな質問も気軽にできます

そして、その道に詳しい人たちが集まっているので答えてくれる可能性が高いんです。

 

簡単に質問投稿できる

teratailに登録すると質問を投稿できます。

「質問する」ボタンを押すと質問投稿ページに遷移するのですが、この時に「質問テンプレート」が用意されてるんです。



こんな感じで。

 

画面の左側に質問内容を入力、右側は実際に質問投稿した時の見え方(プレビュー)です。

質問内容入力部分にはこのようにテンプレートがすでに入力された状態なので、何をどのように質問すればいいかがわかりやすい仕掛けになっています。

 

これ、地味にすごく便利!

 

これにより、他のQ&Aサイトでありがちな記入漏れ・申告漏れを防止でき、質問者と回答者とのキャッチボールの回数を減らせます

質問する側も、回答する側も、お互いハッピーになれる素晴らしい仕掛けです。

 

質問・回答数が多い

teratail全体の質問件数は12万件を突破しています。

その中でもSwiftに関するものは2018年5月22日時点で6,068件です。

全体の件数の割には一見少ないように見えるかもしれません。

しかし、SwiftについてはGoogle検索でもあまり情報が出回っていませんし、この数字は大きいものとだと思っています。

 

回答率が高い

teratail全体の質問件数は12万件以上という膨大な量であるにも関わらず、その回答率は2018年5月22日時点でなんと91.02%

驚きの回答率の高さです。

 

回答時間が早い

先ほど「12時間以内回答率」が驚異の84.9%!」と言いましたように、回答時間がとにかく早い。

出典:PR TIMES

2016年の公式発表によると、平均回答時間は1.5時間ほどだそうです。早いですねー。

その後2年経っているので今の正式なデータはわかりませんが、さほど変わってないと思います。

teratailの登録はこちらからどうぞ!

エンジニアのためのQ&Aサイト【teratail】

 

 


teratailのデメリット

回答を鵜呑みにできない

これはどのQ&Aサイトでも一緒だと思いますが、質問に対する回答が間違っていたり十分じゃないことが考えられます。

もちろん、回答者は自分の回答に自信を持ってくれているとは思います。

しかし、「絶対に間違えてはいけない」なんていうルールはありませんので、中には間違ってしまうこともあるかと。

KON
KON
「もらった回答でやったけどダメだった!ちくしょー!」
なんてことは言わないようにしましょう。

 

teratailの登録方法

teratailの登録方法はすごく簡単!

しかも無料!登録料金も月額料金も質問料金も一切かかりません!

teratailメールアドレスとパスワードを入力すると、入力したメールアドレス宛にteratailから仮登録のメールが届きます。

このメールに書かれてある本登録用のURLをクリックすれば本登録完了。

これでめでたく質問&回答ができるようになります。

 


まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、Swiftでアプリ開発するときに役立つ便利なQ&Aサイト「teratail」についてご紹介しました。

teratailは、ITエンジニアの集まりで構成されるプログラミング特化型のQ&Aサイトです。

プログラミングのバグが解決できないときや、やりたいことがあるのに実現方法がわからないときなどに、ぜひ活用してみてください!

エンジニアのためのQ&Aサイト【teratail】