Swiftのバージョン確認方法

こんにちは!コンです。

Swift関連の記事を書く時、XcodeやSwiftのバージョンも書くようにしています。

Xcodeのバージョンは簡単に調べることができるのですが、Swiftのバージョンは少々複雑です。

そこで今回は、現在使用しているSwiftがどのバージョンなのか調べる方法をご紹介します。

Xcodeのバージョン確認方法はこちら。

Xcodeのバージョンを調べる3通りの方法

 

Swiftのバージョンを意識する理由

Swiftは、バージョンごとに使える関数(メソッド)やライブラリが異なります。

また、それらは互換性が完全に保証されているわけではありません。

書籍やネット情報のソースコードを流用する場合、Swiftのバージョンを意識しないとエラーが多発するおそれがあるのです。

 

バージョンを調べる方法

Swiftのバージョンは、ターミナルでコマンドを入力すれば簡単に確認できます。

確認手順についてご紹介します。

 

1.ターミナルを開く

ターミナルは「アプリケーション」フォルダの「ユーティリティ」フォルダにあります。


上記「ターミナル」を選択すると、以下のような画面が開きます。


これがターミナルです。

 

2.バージョン確認コマンドを入力する

次に、開いたターミナルにSwiftのバージョンを調べるためのコマンドを入力します。

swift –version

コマンド入力してenterキーを押すと、文字がズラズラと表示されます。

表示された一行目の文字列の中に、Swiftのバージョンが表示されています。

この例では、Swiftのバージョンは「4.0.3」です。

 

最後に

いかがだったでしょうか?

今回は、現在使用しているSwiftがどのバージョンなのか調べる方法をご紹介しました。

どなたかのご参考になれば幸いです。