Excel

【Excel】見た目スッキリ!#N/Aエラーを表示しない方法

こんにちは!こんちゃ(@pippi_kon)です。

エクセルを使用しているときに、数式の結果が「#N/A」になったことはありませんか?

これは数式のエラーを示しているのですが、どうせエラーになるなら非表示(空白)にしたり、0など他の文字を表示したいと思ったことはありませんか?

実は、これらは数式を一つ使うだけで解決できちゃうんです!

この記事では、数式の結果が「#N/A」になったときの対処方法をご紹介します。

#N/Aエラーとは

#N/Aエラーは、上記画像の赤枠で囲んだ現象のことです。

 

#N/Aエラーの原因

N/Aは「該当なし(not applicable)」または「利用できない(not available)」を意味します。

…なんのことかさっぱりですね?

具体的には、Excelでは主に「vlookup関数」を使用する場合に出力されるエラーです。

上記の例の場合で考えると。

VLOOKUP関数でIDに対応する名前を検索しています。

id001~id003まではデータが登録されているので名前を表示できますが、id004はデータがないので対応する名前がありません

そのため、該当なし・利用できないという意味で「#N/Aエラー」となっています。

 

対処方法

#N/Aエラーとなったとき、「#N/A」を非表示にしたり、他の文字に置き換えることができます。

具体的には「IFERROR関数」を使用します。

IFERROR関数は、数式がエラーになったときに表示する値を設定できます

引数は2つあり、1つ目にVLOOKUP関数を、2つ目にエラーになった場合に表示する値を指定します。

エラーを非表示にする(空白にする)

【数式】

=IFERROR(VLOOKUP(“id004″,B7:E9,2,FALSE),””)

上記の例だと、エラーになった場合に何も表示されません。(エラーが非表示になる)

 

別の文字列を表示する

【数式】

=IFERROR(VLOOKUP(“id004″,B7:E9,2,FALSE),”エラー”)

上記の例だと、エラーになった場合に「エラー」と表示します。

第二引数の「”エラー”」の部分を置き換えることで好きな文字を表示できます。

 


最後に

いかがだったでしょうか?

今回は、数式の結果が「#N/A」になったときの対処方法をご紹介しました。

#N/A対処方法

IFERROR関数でエラーを非表示にすべし

以上、どなたかのご参考になれば幸いです。

ABOUT ME
こんちゃ
こんちゃ
自分のやりたいことでお金を稼げる生活に憧れて脱サラ。 アプリ開発やブログ運営をしながらのんびり暮らしています。