仕事・フリーランス

税理士にきいた!フリーランスエンジニア向け開業届の書き方のポイント

税理士にきいた!フリーランスエンジニア向け開業届の書き方のポイント_サムネ

こんにちは、コンジ(@pippi_kon)です。

先日、個人事業主として活動するために税務署に「開業届」を提出しました。

その際、税理士の方に横についてもらい、アドバイスをいただきながら開業届を作成しました。

そこで今回は、『フリーランスエンジニア向けの開業届の書き方』についてご紹介します。

開業届の出し方

開業届には以下の2パターンの出し方(作成方法)があります。

  1. 税務署で書類を作成し提出
  2. 国税庁のHPから印刷して事前作成し提出

②の方法では、自分であらかじめ開業届の書類を印刷し、必要事項を記入してから提出することで、税務署での時間を短縮できます。

不安な方は、①の税務署での作成をオススメします。

私が訪れた税務署では、書類作成の際に税理士をつけるか選べましたので、迷うことなく「つけてください!」と言いました。

もちろん無料です。

 

開業届に必要なもの

  • 印鑑
  • マイナンバー(わかれば)

マイナンバーを記入する欄があります。

税理士の方曰く、できれば書いてほしいがわからなければ空白でもOKとのことでした。

 


開業届の書き方

以下の項目に当てはまる方向けの開業届の書き方についてです。

  • 個人事業主として開業
  • メインは企業常駐型のフリーランスエンジニア
  • 副業として自宅でアフィリエイト
  • 従業員は無し(自分一人のみ)
  • 青色申告をする

私が記載した開業届のフォーマットはどうやら古かったらしく(2017.1のもの)、国税庁のHPに載っていたフォーマットとは異なっていました。

それでも問題なく提出できましたので、その際の書き方のポイントについてメモします。

 

書類上部(枠外)

書類のタイトル 開業に丸をつける
整理欄 空白でOK

 

上段(枠内)

納税地 自宅の住所・電話番号(携帯可)を記入
住(居)所 「同上」と記入
事業所 空白でOK
屋号 空白でOK
氏名 自分の名前とふりがなを記入
生年月日 自分の生年月日を記入
個人番号 自分のマイナンバーを記入
わからなければ空白でもOK

 

中段(枠内)

事業の種類
(具体的に)
企業でする仕事を記入
(例:Webシステムの設計)
開業年月日 開業した日を記入
未来の日付は不可(1週間後など)
特にこだわりがなければ今日の日付でOK
休業予定期間 空白でOK
廃業年月日 空白でOK
開業の場合の青色申告年月日 開業年月日と同じ日を記入
休業・廃業の場合の青色・白色区分 未記入でOK
休業又は廃業の理由 空白でOK

 

下段(枠内)

事務所、事業所(営業所)の設置状況 空白でOK
設備の概要 空白でOK
従業員 家族・雇人・計・源泉徴収
全て空白でOK
開・廃業による家屋の利用状況 「ア 自用」に丸をつける
賃貸先又は譲渡・譲受先 空白でOK
賃貸借 空白でOK

 

青色申告承認申請書も一緒に提出しよう

個人事業主として開業する際に提出すべきなのは「開業届」と「青色申告承認申請書」。

そのため、青色申告承認申請書も同時に作成しましょう。

(白色申告の方は作成不要)

税理士にきいた!フリーランスエンジニア向け青色申告承認申請書の書き方のポイント_サムネ
税理士にきいた!フリーランスエンジニア向け青色申告承認申請書の書き方のポイント『フリーランスエンジニア向けの青色申告承認申請書の書き方』についてご紹介します。...

 


e-Taxの登録をしよう

税務署にあるパソコンからe-Taxの登録を行えます。

スタッフの方に話して登録しちゃいましょう。

(自宅からもできるみたいですが私は経験無し…)

 

最後に

今回は、『フリーランスエンジニア向けの開業届の書き方』についてご紹介しました。

  • 個人事業主として開業
  • メインは企業常駐型のフリーランスエンジニア
  • 副業として自宅でアフィリエイト
  • 従業員は無し(自分一人のみ)
  • 青色申告をする

上記に合致する方は、今回ご紹介した内容そのままでOKだと思います。

ただし、私が記入したフォーマットは古かったっぽいので、税務署によってはフォーマットが異なる可能性がありますのでご注意ください。

ABOUT ME
コンジ
コンジ
自分のやりたいことでお金を稼げる生活に憧れて脱サラ。 アプリ開発やブログ運営をしながらのんびり暮らしています。