Oracle

【Oracle】コンピューター名変更で突破!エラーINS-30014の対処方法

こんにちは!こんちゃ(@pippi_kon)です。

先日、新しく購入したWindows10にOracleをインストールしようとしたところ「INS-30014エラー」が発生してインストールに失敗しました。

先代のマシン(Windows10)には問題なくインストールできていたのに、なぜ。

ネット検索でヒットする対処方法はいずれも効果なし。

そこで職場の有識者の方に相談したところ「ホスト名を短くしてみれば?」というアドバイスをいただきました。

そんなことでこのエラーを突破できるのか…?

と半信半疑で試してみたところ、なんとインストールに成功しました!

そこでこの記事では、Oracle12cR2をインストールするときに発生した「INS-30014エラー」の解消方法についてご紹介します。

現象

Oracleをインストール時に以下のエラーが発生し、インストールに失敗します。

INS-30014: 指定された場所がCFSにあるかチェックできません

原因: 指定された場所には必要な権限がない可能性があります。

処置: 適切な必要な権限を持つ場所を指定してください。

管理者権限で実行してるし、特別な権限設定なんてしてないし、よくわからないエラーです。

インストールを実施した環境は以下。

OS Windows 10 Pro
Oracle Oracle 12c R2

 

対処手順

私が実施したコンピューター名を短くしてOracleのインストールに成功させた手順をご紹介します。

  1. システムのプロパティを開く
  2. コンピューター名を確認する
  3. コンピューター名を変更する
  4. Oracleをインストールする

それぞれの手順について詳しくご紹介します。

 

1.システムのプロパティを開く

まずは「システムのプロパティ」を開きます。

Windowsキー」+「Eキー」を同時に押すとウインドウが開きます。

デフォルト設定だと「クイックアクセス」の画面が開きます。

左のリストから「PC」を選択し、上の「コンピューター」メニューにある「システムのプロパティ」を選択しましょう。

 

2.コンピューター名を確認する

自分のマシンのコンピューター名を確認します。

システムのプロパティ画面の「デバイスの仕様」欄にある「デバイス名」を確認してください。

上記の例だと「DESKTOP-0GFS8TE」が私のマシンのコンピューター名になります。

ちょうど15文字です。

これだとOracle12cRcのインストールに失敗してしまうようです。

 

3.コンピューター名を変更する

システムのプロパティ画面の「デバイスの仕様」欄にある「このPCの名前を変更」ボタンを押します。

すると以下の画面が表示されます。

新しいコンピューター名を入力しましょう。

14文字以下となるように設定しましょう

 

「次へ」ボタンを押して再起動することで、コンピューター名が変更されます。

再起動後、再度「2.コンピューター名を確認する」の手順でコンピューター名を確認してみてください。

 

4.Oracleをインストールする

上記1~3の手順でコンピューター名を変更できました。

最後にOracleをインストールしてみましょう。

きっとインストールできるはずです!

 


最後に

いかがだったでしょうか?

今回は、Oracle12cR2をインストールするときに発生した「INS-30014エラー」の解消方法についてご紹介しました。

INS-30014エラーの対処方法
  1. システムのプロパティを開く
  2. コンピューター名を確認する
  3. コンピューター名を変更する
  4. Oracleをインストールする

 

以上、どなたかのご参考になれば幸いです。

created by Rinker
¥2,404
(2020/05/30 05:00:12時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUT ME
こんちゃ
こんちゃ
自分のやりたいことでお金を稼げる生活に憧れて脱サラ。 アプリ開発やブログ運営をしながらのんびり暮らしています。