【Swift3】起動画面(Launch Screen)の作り方

iPhoneアプリを開いた時に最初に表示される起動画面(Launch Screen)の設定方法を記載します。

スポンサーリンク

バージョン

Xcode:8.3.2
Swift:3.1

初期状態

初期状態は何も設定されていません。
アプリを起動すると真っ白な画面が表示されます。

起動画面(Launch Screen)の設定場所

起動画面を設定するには、Xcode画面の
LaunchScreen.storyboard
を編集します。
初期状態では以下のように何も設定されていません。

起動画面(Launch Screen)を設定する

起動画面を編集します。
繰り返しになりますが、「LaunchScreen.storyboard」を編集するだけでOKです。
他にプログラムコードを組み込んだり、他の設定をいじったりする必要はありません!

ここでは、「LaunchScreen.storyboard」にLabelを配置してみます。

シミュレータを実行

シミュレータを実行します。
すると、さっきまで真っ白だった起動画面に先ほど設定したLabel「起動画面」が表示されました!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告