Swift

【Swift】使いこなせると便利!単項演算子の使い方

こんにちは!KON(@pippi_kon)です。

この記事は、主にプログラミング言語「Swift」の初心者向けに、iPhoneアプリを作るための情報を記載しています。

今回は、プログラム数値計算で使いこなせると便利な「単項演算子」についてご紹介します。

バージョン情報

この記事は以下のバージョンで記載しています。

Xcode:9.4.1

Swift:4.1.2(Swift4)

演算子とは

演算子とは、「+」「」「=」などと言った、データに対する演算の種類を決める記号・シンボルのことです。

演算子には以下の種類があります。

演算子の種類
  • 算術演算子
  • 単項演算子
  • 比較演算子
  • 論理演算子
  • 代入演算子
  • 複合代入演算子

ここでは単項演算子についてご紹介します。

 

単項演算子とは

単項演算子は値の正負を表す演算子です。

値の正負を入れ替える単項マイナス演算子(-)と、値の正負をそのままにする単項プラス演算子(+)があります。

 


種類と書式

単項演算子の種類と書式は以下の通りです。

演算子 書式 意味
+ +a aの値はそのまま。(+なら+、-なら-)
-a aの値の正負を入れ替える。(+なら-、-なら+)

 

使い方

Single View Appプロジェクトを作成した直後の状態を前提としています。

あわせて読みたい
【Swift】基本的なプロジェクト(Single View App)の作成方法 この記事は、主にプログラミング言語「Swift」の初心者向けに、iPhoneアプリを作るための情報を記載しています。 今回...

サンプルプログラム

 

実行結果




このようにConsoleに表示されます。

全プログラムコード

 


まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は「単項演算子」の使い方についてご紹介しました。

演算子 意味
+ 正負はそのまま
正負を入れ替える

あまり使う機会はないかもしれませんが、覚えておくと便利です。