Swift

【Swift】エラー「Could not locate device support files」の対処方法

【Swift】エラー「Could not locate device support files」の対処方法_サムネ

こんにちは、コンジ(@pippi_kon)です。

この記事では、『Xcodeのエラー「Could not locate device support files」の対処方法』についてご紹介します。

ご紹介するのはエラーメッセージに「iOS 12.2」と表記されているパターンの対策方法ですが、他のOSバージョンでも有効と思います。

現象

先日、macOSとXcodeをバージョンアップし、Swiftで作成したアプリを実機でテストしようとしたところ、以下のエラーが出力されました。

Could not locate device support files.

Xcodeに搭載されているシミュレータでは問題なくテストできたのに、実機(iPhone X)でテストするときだけこのエラーが出ます

 

原因

Could not locate device support files.

This iPhone X (Model A1865, A1901, A1902, A1903) is running iOS 12.2 (16E227), which may not be supported by this version of Xcode.

上記のエラーメッセージから以下のことが読み取れます。

『実機(iPhoneX)のiOSバージョンは12.2で、今起動しているXcodeはiOS12.2 に対応していない

プログラムエラーではなく、環境面の問題のようです。

Xcodeの対応が遅れているからかわかりませんが、iPhoneを最新OSにアップデート済みの場合に発生するエラー?

 


対策

XcodeがiOS12.2 に対応していないのであれば、対応させてやればいいだけのことです。

対策手順は以下の通り。

  1. iOS12.2のサポートファイルをダウンロードする
  2. ダウンロードしたサポートファイルをXcodeに読み込ませる

たったこれだけ!

具体的な手順をご紹介します。

 

1.サポートファイルをダウンロード

サポートファイルダウンロードサイト」からiOS12.2のサポートファイルをダウンロードします。

iOS12.2のサポートファイルをダウンロード
iOS12.2のサポートファイルのダウンロードボタン

いろんなバージョンがあるので間違えないようにしましょう。

バージョン名の後に書かれている文字列(16E5181e)がエラーメッセージ(16E227)と違っていますが、私の環境では問題なく動作しています。

 

2.サポートファイルをXcodeに読み込ませる

ダウンロードしたサポートファイルには以下のファイルが含まれていることを確認してください。

ダウンロードしたファイル
  • DeveloperDiskImage.dmg
  • DeveloperDIskImage.dmg.signature

これらのファイルが入ったフォルダを以下の場所に格納します。

/Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Platforms/iPhoneOS.platform/DeviceSupport/

Finderを開き、ショートカットキー「command + shift + g」を押すとアドレスバーが表示されるので、上記パスをコピペすると簡単に移動できます。

ダウンロードしたフォルダを配置する場所

 

サポートファイルを格納したら、Xcodeに読み込ませるために一度Xcodeを終了します。

Xcodeの画面を閉じるだけではなく、メニューから終了させましょう

Xcodeの終了

Xcodeを終了させた後、再びXcodeを起動して実機テストを行うと「Could not locate device support files.」のエラーを解決できるはずです!

 

最後に

今回は、『Xcodeのエラー「Could not locate device support files」の対処方法』についてご紹介しました。

現象

Could not locate device support files.

This iPhone X (Model A1865, A1901, A1902, A1903) is running iOS 12.2 (16E227), which may not be supported by this version of Xcode.

対処
  1. iOS12.2のサポートファイルをダウンロードする
  2. ダウンロードしたサポートファイルをXcodeに読み込ませる

 

私があれこれ調査していた時は、「あれ、これってiPhoneのバージョンダウンをしないといけないんじゃ?」と焦ったりもしましたが、意外と簡単に対処することができました。

ご参考になれば幸いです。

初心者向け!Swift入門にオススメの参考書_サムネ
【2020年版】初心者向け!Swift入門にオススメの参考書『Swift初心者にオススメしたいSwiftプログラミング参考書』をご紹介します。...
無料体験あり!初心者におすすめの人気プログラミングスクール3選_サムネ
無料体験あり!初心者におすすめの人気プログラミングスクール3選『プログラミングを学ぶことができる人気のプログラミングスクール』についてご紹介します。...
ABOUT ME
コンジ
コンジ
自分のやりたいことでお金を稼げる生活に憧れて脱サラ。 アプリ開発やブログ運営をしながらのんびり暮らしています。